古紙畑って何?

古紙畑とは、24時間、365日、(一部店舗を除く)古紙の持ち込みが可能な施設です。

いつでも利用していただけるため、受け入れ時間や場所など、今までいろいろな制約があった古紙回収のハードルを下げることができ、より気軽に古紙リサイクルができるようになりました。

古紙畑のおもな特徴

1
24時間、365日(一部店舗を除く)いつでも持ち込みOKです。※ただし、台風など強風時には、飛散防止のため、扉を閉めて施錠しますので受け入れできません。
2
受け入れ無料です。
3
大量持ち込み可能です。
4
防火対策のため、消火設備とモニターを設置しております。

古紙畑はどこにあるの?

受け入れ品目

「新聞・チラシ」「雑誌・雑紙」「段ボール」「牛乳パック」「アルミ付き紙パック」の5種類に分別して、それぞれ決まった場所に出してください。

  • 新聞・チラシ
  • 雑誌・雑紙
  • 段ボール
  • 牛乳

アルミ付き紙パック

下記は一緒に出さないでください!

  • シュレッダーくず
  • 写真
  • カーボン紙
  • ステッカー
  • プラスチック製バインダー
  • 紙コップ
  • わら半紙
イラスト

(紙類禁忌品について、詳しくは財団法人古紙再生促進センターの「禁忌品」をご参照ください。)

古紙畑のセキュリティ

古紙畑をいつでも安全に安心して利用していただけるよう、各ステーションにさまざまな対策をしています。

security_fukidashi

火災に関する対策

  • コンテナ内一次消火装置
    コンテナ内一次消火装置
  • 炎センサー連動スプリンクラー
    炎センサー連動スプリンクラー

    炎を感知した場合、警備会社に通報されると同時に、ノズル式スプリンクラーよりコンテナ内の火元に放水されるようになっています。

不審者・盗難・不法投棄に関する対策

  • 監視カメラ
    監視カメラ
  • 監視カメラ
    監視カメラ
  • 音声アラーム
    音声アラーム

24時間監視・録画しており、警備会社に直接通報するシステムを装備しています。監視中に不審者や不法投棄を発見した時は、現場に音声が流れます。

古紙のリサイクル

リサイクルフロー

古紙は決まった紙製品に生まれ変わります

  • 新聞古紙  新聞用紙など
  • 雑誌古紙  ボール紙、段ボール原紙など
  • 段ボール古紙  段ボール原紙など
  • 牛乳パック  トイレットペーパー、ティッシュペーパーなど

気持ちの良いステーション作り、エコへの取り組み

  • 雨水浄化フィルター
    雨水浄化フィルター

    スプリンクラー等に雨水を利用する為。

  • 飛散防止カバー
    飛散防止カバー

    風などによる古紙の飛散を防ぎます。

  • LED照明の設置
    LED照明の設置

    ステーションの照明にLED照明(蛍光灯・スポットライト)を設置しています。消費エネルギーの効率化による節電、ライフサイクルにおけるCO2削減等、環境負荷の低減に努めます。